はじめての入院

若葉萌える好季節になりました。

風も爽やか。気持ち良いですね。

 

先月は、うちの三味線教室「福之会」年に一度のお祭り♪ 春のおさらい会でした。

いつも変わらぬゲスト仲間とスタッフの皆さん、生徒たちに支えられ、賑やかで嬉しい1日になりました。

今回は、シンガポールの生徒も駆けつけてくれ初参加。

来日中はうちにお泊り。お花見から、自宅庭先で音楽セッションしながらのバーベキュー&鍋会まで、楽しい1週間でした。

 

そして、おさらい会後は、全ての仕事を調整先送りし...

私事ながら、はじめての入院となりました。

2月初旬からの両手・左半身のシビレがいよいよ厳しくなり。

6年前に診断された頚椎椎間板ヘルニアの悪化と骨化症の発症。かなり強く脊髄が圧迫されているとのこと。

シビレが麻痺に変わらぬうちに、と先生のご指導のもと即入院。

年齢、筋力の低下、生活習慣、遺伝性など、原因は様々だそうですが、職業柄、同箇所にかかる強い圧力とストレスも要因の一つかもとのこと…やっぱりなー(チョット誇らしげ笑)。

 

おさらい会では、紋付袴を纏うこともままならず初めての洋装。演奏も綱渡りの状態でしたが、何とか終わってみんな楽しんでくれたのが1番良かったなー何よりの生きがいなので‼︎

 

2週間の病院生活。

この仕事を始めて27年。こんなに休んだの初めてかも。

お蔭様でじっくりと治療をしていただき、シビレもほぼ無くなり、演奏にも復帰することができました。

あとはボチボチリハビリをしながらシビレ完全解消を目指します!

 

何をするにも身体健康第一をつくづくと感じた日々でした。

そして先生、看護師さん、療法士さん、薬剤師さん、ヘルパーさん、栄養士さん、配膳の皆さん、清掃の皆さん、警備の皆さん。

人の命と生活を預かるということは、あまりにも過酷で壮絶。それを毎日目の当たりにし、感謝しました。僕なら1日保たずに倒れるでしょう。

これからの自分の生活、仕事、心がけにおいても、とても良い経験をさせて頂き、それが何よりの治療になりました。

ありがとうございました伏

 

皆さんも、どうか大切にされて下さいね。

 

娘たちはみんな元気です(^^)

良かった良かったー!!